2011年03月29日

3/29

thomson_reuters_logo.gif


<07:40> きょうの予想レンジはドル81.20―82.00円、介入後戻り高値の上抜けが焦点

  

 ドル/円は81.76円付近、ユーロ/ドルは1.4080ドル付近、ユーロ/円は115.10円付近。

 きょうの予想レンジはドル/円が81.20―82.00円、ユーロ/ドルが1.4010―1.4130ドル、ユーロ/円が114.50─115.50円。焦点はドル/円が協調介入後の戻り高値82.00円を上抜けできるかどうか。「ここを明確に抜けられれば一段の上昇が見込める。オプションのドル売りや利食いのドル売りもあるだろうし、介入後の高値で抵抗線として機能している」(国内金融機関)との声が出ていた。

 前日はアジア時間にドル/円がじりじりと値を上げ、欧米時間に入るとほぼ横ばいで推移した。25日のプロッサー・フィラデルフィア地区連銀総裁によるインフレ警戒発言が、引き続きドルの支援材料になった。ユーロは欧州時間に売られたが、その後にトリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁がユーロ圏のインフレは目標水準を上回っていると発言すると買い戻された。



情報源:ロイター通信より引用
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK056405420110328

2011年03月28日

3/28

thomson_reuters_logo.gif
<07:32> きょうの予想レンジはドル81.00―81.80円、期末のフローを意識する展開

  
ドル/円は81.47円付近、ユーロ/ドルは1.4035ドル付近。ユーロ/円は114.35円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が81.00―81.80円、ユーロ/ドルが1.3980―1.4100ドル。

25日のニューヨーク外国為替市場では、ドルがユーロと円に対して上昇した。米フィラデルフィア地区連銀のプロッサー総裁が講演で、インフレを未然に防ぐために米連邦準備理事会(FRB)は近く金融を引き締める必要があると発言したことを受け、ドルが買い戻された。

今週は「月末の輸出勢のフローや、期末を控え投資家のリパトリエーション(本国への資金還流)等が意識される展開となるだろう。 81.50円をクリアに上抜けしていけば、ドルの上昇余地が生まれる。他方、81.50円、82.00円にはオプション関連のオーダーも予想される」(外為アナリスト)という。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK056325020110327
上記情報はロイター通信より引用

平均足

お久しぶりです晴れ

Saltです。パンチ

最近、更新してなかったので、久しぶりに更新したいと思います。ふらふら

僕はFXを始めて1年が過ぎるので、最近チャートの見方というものが一年前とは全く感覚が違いまするんるん


チャートを見慣れると、必要がないのかもしれませんがFX初心者の方に是非おすすめしたいテクニカルの一つに平均足というものがありますexclamation×2


これは相場のトレンドを見極めるのに非常に有効なテクニカルであり、当時これだけで勝てた時期もありました爆弾


単純に上げの時には青色の平均足が連続し、下げの時には赤色の平均足が連続するので視覚的にも非常に見やすいです。ひらめき


a02796bd.jpg


FXで勝てなく悩んでいる方には是非一度使うことをおすすめします手(グー)


*上記写真はFXブロードネットさんのチャートです。豊富なテクニカルに自由自在にカスタマイズできるチャートは短期トレードを中心に運営している一般投資家さんには非常に有利だと思います。
もちろん、Mt Asset Managementも使用しています。 絶対におすすめします
posted by Salt at 02:52| Comment(0) | 有効なテクニカル指標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。